ボタンのアクション

ボタンに対するアクションの設定

ボタンをタップした時にボタンのタイトルを変更する

class ButtonSampleViewController {
    var testButton: UIButton!
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        configureButton()
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }
    
    func configureButton() {
        // ボタンのタイプを設定して作成
        testButton = UIButton.buttonWithType(UIButtonType.System) as UIButton
        // ボタンのサイズを設定
        testButton.frame = CGRectMake(160, 100, 150, 50) 
        // ボタンが押されてないときの表示
        testButton.setTitle("押す前", forState: .Normal)
        // アクションの設定
        testButton.addTarget(self, action: "push:", forControlEvents: .TouchUpInside)
        // ボタンを画面に表示
        self.view.addSubview(testButton) 
    }

    func push(sender: UIButton) {
        testButton.setTitle("押された", forState: .Normal)
    }
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です